【セルフダーマペンの効果は?】半年間の深いニキビ跡の変化を公開~右頬編~

クレーター右頬 0回目 ニキビ跡ブログ

部位別で半年間のセルフダーマペンの記録について公開します。
セルフダーマペンは2年半ほど前から始めたものの記録を付け始めたのは半年ほど前からなので、今回は半年でどれほどニキビ跡が改善したのか治療経過の画像を公開します。
(転載厳禁)(半年前のスタート時を0回目とする)

そこそこグロいのでご注意ください

穿刺深度
毎回の穿刺深度、回数は以下の通りです。

1.5mm(1回)→2.0mm(2回) →2.5mm(2回)
(Dr.penの場合は2.5mmでなく3.0mmを2回)

準備

・ラクサールクリーム
・Dr.Pen(0~3.0mm)→(最初の3回…壊れてしまったため)
・ダーマペン(0~2.5mm)→(後半3回)
・GF Rejuvenating Complex (細胞成長因子)
・GF ハイドロゲルマスク

施術流れ

・麻酔クリーム(45分)
・洗い流した後、細胞成長因子を塗布
・ダーマペン→細胞成長因子塗布→ダーマペン
・GFハイドロゲルマスクでクールダウン

                       0回目

クレーター右頬 0回目

         1回目 (2週間後)

クレーター右頬 1回目

あまり変化は見られませんね。

このときの穿刺深度は3.0mmだったのですが、この長さだと肌の表面を滑らかに動かすことができないため垂直に刺して抜いての繰り返しで非常にやりづらかったです。

深いクレーターは1回の治療で変化はあまり期待できないので上記の結果でも当然といえば当然かもしれません。

とにかく諦めずに根気よく続けることです。

       2回目前 (1か月後)

クレーター右頬 1か月後

        2回目後(10日後)クレーター右頬 2回目

こちらもまた変化は見られません。
やはりクレーター治療は長い道のりです。

この時もいつも通りの刺し方、行程をこなしました。
ここからはダーマペン前の画像は省略していきます。

         3回目後

クレーター右頬 3回目

        4回目後(10日後)

4回目クレーター 右頬

2回目から3回目は薄くなってきたのかな…という実感でした。
しかし、画像で比較してみるとあまり変化がないように思います。

3回目から4回目もそれほど変化を実感することはありませんでした。

以前美容皮膚科でダーマペン3の治療を受けた際にボックス型のクレーターの場合、医療機関でもダーマペン3では改善しないといわれました。

深いニキビ跡はダーマペン4でないと改善しないのではないか…と思いながらもとにかく継続しました。ちなみに下にダーマペン後の写真を参考までに載せておきます。

ダーマペン直後

ダーマペン4回目直後

ダーマペン後1日が経過した時の写真です。かなり腫れています。
ダーマペンをした後に毎回こうなるのではありません。腫れていないときもあれば、かさぶたのようになっているときもあります。

ダウンタイムについては大体5日あれば目立たなくなってくるので、数日の我慢です。

 

        5回目(7日後)

5回目クレーター右頬

         6回目(10日後)

6回目クレーター右頬

このあたりから、変化を感じるようになりました。

4回目から5回目は明らかに薄くなっているように感じます。
5回目から6回目は深いクレーター部分の変化はあまり感じませんでしたが、その周囲の肌のトーンが明るくなっているように感じました。

 

        6回目(20日後)

6回目1か月後 クレーター

        7回目(10日後)

7回目クレーター 右頬

6回目から7回目もまたクレーターが薄くなっているのを実感しました。
またこれまでの施術部位(右頬全体)において
全体的に肌が綺麗になったのでは?と思いました。

いかがでしょうか、セルフダーマペンの半年間の記録はここまでです。

0回目と半年後のクレーターの変化を比べてみましょう。

         0回目

クレーター右頬 0回目

        半年後

7回目クレーター 右頬

比較的薄くなったと思います。(まだまだ目立ちますが…)

 

セルフダーマペンの感想

クリニックのダーマペン治療においてよく言われるのが、
「クレーター治療は5回を1クールとして治療を行うことで効果をより実感できる」との文言です。

また市販のダーマペンの説明書にも同様の記載があります。

私も5回目あたりから変化をより実感しました。
それでも5ヵ月ほど経過しているのでクレーター治療は本当に長い道のりです。

ちなみに0回目の写真は美容クリニックで4回(4か月)ほどダーマペン治療を行った後の写真です。
前はもっとひどかったです。私の実感ではリスクの差はあれど効果においてクリニックとセルフではあまり差を感じませんでした。どちらを選択するにせよ、ニキビ跡に悩んでいる方は早めの行動が肝心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました