サイトンヘイローの効果検証!ダウンタイムから痛みまで解説します。

sciton-halo 美容クリニック治療記録

遂に念願のサイトンヘイローを受けてみたので感想とどのような治療であったのかをお伝えします。

サイトンヘイローと共にサブシージョンも受けましたが、次回の記事で詳細をお伝えします

サイトンヘイローとは?

サイトンヘイローとはフラクショナルレーザーの1種です。

以下2種類のレーザーを同時に照射することで、ダウンタイムの軽減治療効果の向上を可能としたレーザーです。

①アブレイティブフラクショナルレーザー
皮膚を蒸散させて穴が開いたような状態にします。

②ノンアブレイティブレーザー
真皮の改善を目的に、深い層に熱を加えて正常組織への入れ替えを促します

(アブレイティブ:蒸散させること)

ココがスゴイ! ダウンタイムの軽減

サイトンヘイローには、レーザー照射前後の皮膚温度を随時モニタリングし、レーザー密度を自動的に調節する温度センサーとスピードセンサーが備わっています。

この技術により、皮膚温度上昇によるダウンタイムの超過を軽減します。

また、レーザー照射後の角質が栓となることはダウンタイムの長期化の原因の1つでしたが、サイトンヘイローではこの栓を取り除くことで、ダウンタイムの軽減を実現しています。

治療が可能な症状として以下が挙げられます。

・しみ、そばかす、くすみ

・毛穴、ニキビ跡治療

・肌のエイジング(艶やハリ)

サイトンヘイローの痛み

サイトンヘイローと言えば痛みが有名です。
芸人のバービーさんのニキビ跡治療動画を見た方も多いと思います。

バービーさん曰く「ニキビ跡治療を経験した中で一番痛かったのがサイトンヘイローで処置台のベッドから浮いた(感覚)」とのことです。
バービーさんは痛すぎて継続できなかったそうです。

いろいろ経験してきた私が、クレーター治療の最短ルート教えます。

現在この動画↑↑は150万回再生もされています。

私が施術を受けた時も

「麻酔をしていてもかなり痛みを感じるので頑張ってください」
と何度も言われました。

そのためかなり構えていましたが…

結果

初めての刺激なので最初は痛かった。しかし途中からは、あまり痛くなかった。

別のクリニックで受けたダーマペンの方が遥かに痛かった

です。

(今回は鼻は治療しませんでした。鼻はニキビ跡治療で特に痛みが強い部位です)

私自身、最初は緊張して固くなっており、全身に力が入っていたことが痛みを強く感じた要因だと思います。

大事なのが、リラックスして治療を受けることです

途中から鼻で深呼吸して身体の力を抜いて治療を受けたところ痛みもかなり和らぎました。

リラックスして臨めば、痛みについて心配は必要ないかと思います。

どんな痛みなの?

バチバチとする痛みです。
イメージですが照射部位に毛穴サイズの静電気が起きている感覚です。

また施術直後も痛みがありました。そちらの感覚は…

やけどしてジンジンしている感覚とピリピリする感覚です
ただ施術後1時間以上経過すれば、特に痛みを感じませんでした。

どちらかと言えば、治療中よりも治療後のピリピリ感の方が痛かったかも…。

サイトンヘイローのダウンタイムについて

気にならなくなるのに6日ほどかかりました。
ただ、顔を見て明らかにダウンタイムだと分かるのは4日目まででした。

私的には5日目には外出(仕事)しても、外見上問題はないかと…。

サイトンヘイローのダウンタイムはダーマペンとは違い、ドット状の跡がつきます。
治療当日は何となく赤いだけなので目立ちませんが、翌日からドット状が目立ちます。

実際の画像

      1日後(右頬のドット状跡)

      1日後(右頬の赤さ具合)sciton halo

まあ赤いことが分かって頂けると思います。
(首の色と比べてみてください)

黒い点はレーザー跡です。

                      2日目(右頬ドット)

sciton halo 2days

       2日目(右頬赤み)

sciton red

伝わりづらい画像ですが、ドット状の跡が残っています。

右は赤みを写したつもりですが、少し赤黒く映ってしまいました。
まだ赤みは消えないんだな…程度に捉えてください。

画面上部の紫の部分はサブシジョン(別の治療)跡です。

残りは後日公開予定…。
(5日程度で気にならない状態にはなりました。)

サイトンヘイローのメリット

ここからは私がサイトンヘイローを経験して良かったことをお伝えします。

・ダーマペンと比較して術後の状態が良い。

私はダーマペン4を受けていないので旧型のダーマペンと比較します。

私が以前クリニックで受けたダーマペン治療では治療後(帰宅途中)に出血が見られました。
マスクをして帰宅したのですが、マスクに血がにじむ感じです。

しかし今回受けたサイトンヘイローでは帰宅後にマスクを確認しても、血がにじんだ形跡は無く、肌が少し赤いな…ぐらいの感覚でした。

人目が気になり、タクシーで帰宅することを考えている方はあまり心配ないと思います。

ダーマペンより効果を感じた

値段からしてもダーマペン4の3倍近い価格なので、当然効果は上回るはず…。

やはり、1回の照射で目に見える変化がありました。
ここがセルフダーマペンやクリニックのダーマペンと特に違いを感じたところです。

ただ深いニキビ跡に関しては3回ぐらい照射しないと満足のいく結果にはならないと思います。
(逆に3回やればかなりの改善が見込めます。)

ただ、施術を希望する方は以下のデメリットを参考にしてください。
・治療期間が長いこと(施術間隔が長い)

・一回当たりの値段が高いこと

の2つです。(現在のところ)

サイトンヘイローのデメリット

サイトンヘイローの施術間隔

サイトンヘイローは皮膚(コラーゲン)の再生を考慮して3か月ほど間隔を空ける必要があります。(最低2カ月以上)

大切なのは早く治したくても、1か月毎に治療を受けることができない点です。
これはデメリットとも言えます。

ただ、肌の再生をじっくり待つこの期間はとても大切です。

サイトンヘイローの費用

施術部位によって大きく値段が異なりますが、大体1回10~20万円でしょう。
(20万円はかなり高いクリニックです…)

ただ、サイトンヘイローにオプションがつくと値段が上がります。

照射時間は2分ぐらいでしたので、まあ高いです。
(麻酔を塗布して、30分ほど待ちます)

しかし、多くのクリニックではセット料金があるため、安くなります。
(1回10万円→3回セットで25万円など)

資金準備について

まずは月に6万円、治療費を工面しましょう。
1ヵ月=6万円→ 3ヵ月=18万円 なので余裕をもって受けられます。

3か月間隔の治療ですので毎月6万円分、工面できればスムーズに治療を行えます。

(オプションをつけないのであれば、月5万円でもOK!)

詳しくは、治療を受けたい病院のHPで調べてみましょう。
(安いところを探すことに時間を費やすよりは、受けたい病院の治療代を稼ぐことにフォーカスすることをオススメします。)

クリニックの良かった点

サイトンヘイローではなく、私が訪れた美容クリニック(都内)の良かった点です。
(サイトンヘイローを扱う医療機関は少ないため、参考になれば…)

・カウンセリングがかなりしっかりしている。

・少しでも疑問がないか、様々な段階で聞いてくれる。
カウンセリング前後、麻酔塗布する前、帰り際など逐一わからないことがあったら聞いてというスタンスであったため非常に質問がしやすかったです。

できるだけ患者の希望に沿うように考えてくれています。

・プライバシーが確保されている。

私自身以前治療を受けたクリニックが一般の皮膚科診療と美容診療を平行して行っていたためかプライバシーに関する配慮はかなり欠けていました。

しかし今回のクリニックは患者同士が顔を合わさないように配慮してくれていました。

私の経験上、美容クリニック(一般診療と並行していない)専門で行っているところの方が対応が丁寧で気持ちよく治療を受けることができたため、参考にしてください。

クリニックの口コミの調べ方

美容治療を検討する際、クリニックの評価が気になる場合は…
「美容医療の口コミサイト ○○(←病院名)」で調べてみてください。

このサイトで調べると、施術を受けた患者さんの口コミが掲載されています。
私が施術を受けた感想に近いものばかりで、クリニック関係者の返信もあることから比較的信頼できる口コミサイトだと思います。

私は事前にGoogleの口コミも目を通していたのですが、クリニックに訪れると当てはまらないものばかりでした。

サイトンヘイローの処方箋

今回いくつか処方箋を頂きました。
参考までに載せておきます。

・トラニストカプセル…瘢痕組織の形成を抑える薬

・セフジニル…細菌の殺菌作用

いずれも毎食後の服用です。

サイトンヘイローの経過についてはまた記録として記事にしたいと思います。
またサイトンヘイローについて追加で記載したいことがあれば、随時更新していきます。

次回:針を刺す?サブシージョンも受けた感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました